野菜の栄養素『ビタミン』

野菜の栄養素『ビタミン』

野菜の栄養素『ビタミン』

野菜の栄養素『ビタミン』毎日野菜を食べる必要があるのは、野菜には五大栄養素が含まれるからです。

 

そのひとつが、『ビタミン』です。

 

ビタミンは健やかな体に必要不可欠ですが、非必須アミノ酸のように体内で合成されません。

 

その上、毎日、ビタミンを消費しています。たとえば、喫煙者の方はとくにビタミンCを消費します。

 

生きるために欠かせないといっても過言ではありません。ですから、ビタミンを含む野菜は毎日摂る必要があります

 

ちなみに、ビタミンにもさまざまな種類があります。ビタミンAやビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、葉酸など。どれも体に欠かせないことは共通していますが、それぞれ働きは異なります。

 

これらのビタミンをバランスよく補うことによって相乗効果にも期待できます。

 

そして、野菜によっても含まれるビタミンの種類は異なります。ですが、緑黄色野菜なら複数のビタミンを一度に摂ることができます。

 

このように緑黄色野菜は万能で栄養価が高いため、野菜1日分(350グラム)の1/3は緑黄色野菜にするのがベストです。

 

ただし、野菜でビタミンを摂るときには気を付けたいことがあります。それは、ビタミンが熱に弱いという性質です。加熱すると、ほとんどのビタミンは外に流れ出てしまいます。

 

野菜をスープにしたら、そのスープも飲まないとビタミンは摂れません。そのため、野菜は生で食べるのが理想的とされています。たとえば、水分が多く生で食べやすいきゅうりやレタスもビタミンをある程度は含んでいます。

 

野菜をたくさん食べてビタミンを補給する形が理想的ではありますが、足りないと感じる方は野菜サプリメントで足りない分をカバーしてみてください。

▲TOPへ戻る