野菜の栄養を摂るための食べ方

野菜の栄養を摂るための食べ方

野菜の栄養を摂るための食べ方

野菜の栄養を摂るための食べ方野菜には、さまざまな栄養素が含まれています。

 

各種ビタミンをはじめ、食物繊維やミネラル、ベータカロテンや酵素などなど。

 

健康に欠かせない栄養素がたっぷりと含まれています。

 

生活習慣病対策にもなるので、栄養を補給するためにも野菜の摂取は推奨されています。

 

しかし、野菜は食べ方次第で、栄養の吸収は左右されます。というのも、各栄養素の性質が関わっています。

 

たとえば、野菜で摂れる定番の栄養素『ビタミン』はほとんどが水溶性で、加熱すると水に流れ出てしまいます。酵素は熱に弱いため、加熱によってせっかくの酵素が破壊されてしまいます

 

ですから、加熱した野菜を食べても、十分に栄養を摂ることができません!栄養をしっかり摂るためには、野菜は「生」が理想的な食べ方です。

 

生野菜を食べることによって、酵素やビタミンがしっかり体に吸収されていきます。酵素は体内に入ると消化や代謝をサポートし、若々しさや健康の維持になります。ビタミンも同様に、抗酸化作用などがあるので、健康増進になります。

 

また、よく噛んで食べることも大切です。しっかり咀嚼することで野菜の繊維が砕けて栄養も摂りやすくなります。

 

野菜ジュースなどは加熱処理されていることから、野菜の良さを摂りにくいと言われています。ただ、サプリメントに関しては、近年の加工技術によって野菜の良さを摂ることができています。

 

ですから、野菜不足を感じている方には、野菜ジュースよりも野菜サプリメントの方がおすすめです。

▲TOPへ戻る