野菜の高騰化

野菜の高騰化

野菜の高騰化

野菜の高騰化現代人は野菜不足の人が多い状態です。

 

厚生労働省の調べでも、1日に必要な野菜の量が350グラムに対し、平均摂取量は290グラムとなっています。

 

なぜ野菜不足の人が多いのかというと、まずひとつが食生活の変化や不摂生な生活にありますが、野菜の「高騰化」もその背景にあります。

 

野菜を摂ろうという意識を持っていても、いざスーパーマーケットなどに買い物に行ってみると、野菜の価格に驚きませんか。

 

消費税の増税も記憶に新しいと思います。消費税が8%になったことだけでも、お財布に大きな負担になっています。なおかつ、現在は野菜の高騰化が問題になり、メディアでも取り上げられています。

 

今まで100円程度だった野菜も、200円、300円と高騰しています。農家さんが栽培してくださっていても、やはり天候などの影響も受けて、野菜は高騰化しています。

 

キャベツひと玉で300円くらいすることも…。また、安心・安全の有機野菜にこだわると、さらに価格は高くなります。

 

野菜の単価が高いと、「野菜を買おう」と買い物に出かけても、「今日はやめておこう」と躊躇ってしまいますよね。

 

このような野菜の高騰化も、野菜不足の背景にあるのではないでしょうか。そんな時にも、サプリメントがおすすめです。たとえば、野菜一種類を減らした価格で、サプリメントは続けられます。

 

毎日たくさんの野菜を買い続けるよりもコストは抑えられますし、腐るなどの心配もありませんから、一人暮らしの人にもピッタリです。

▲TOPへ戻る