野菜で生活習慣病を対策

野菜で生活習慣病を対策

野菜で生活習慣病を対策

野菜で生活習慣病を対策野菜不足は体に悪い、健康に悪いというのは常識的ですよね。

 

肉や脂っこい食事が中心で野菜が不足すると、生活習慣病のリスクが高くなります。

 

反対に、十分に野菜を食べるようにすると、生活習慣病対策になります。

 

皆さんも、生活習慣病が気になっていませんか。近年は生活習慣病の発症リスクも高くなっていて、高血圧や糖尿病、肥満などがあります。

 

そして生活習慣病は進行すると、合併症を起こしたり、生命に関わることもあります。

 

そのような生活習慣病を防ぐためにも、野菜が大切です!すでに健康診断の数値などが芳しくない方も、野菜を摂るようにしてください。

 

野菜にもいろいろな種類がありますが、それぞれ含まれている成分には違いがあるので、バランスよく食べるようにしましょう。中でも生活習慣病対策になるのが、抗酸化成分や食物繊維を含む野菜です。

 

抗酸化成分はアンチエイジングによく、細胞などを若々しく保つ働きがあります。そのため、抗酸化成分を持つ野菜、たとえばトマトなどを食べるようにすると、細胞が活性化されて代謝や血行も良好になり、生活習慣病対策になります。

 

また、食物繊維はコレステロールをはじめ、脂質や糖質など生活習慣病の元にもなる成分の吸収を阻害する働きがあります。急激な血糖値の上昇なども抑えられ、さらに血行も改善されるため、生活習慣病対策になります。

▲TOPへ戻る