野菜の抗酸化で若々しさを

野菜の抗酸化で若々しさを

野菜の抗酸化で若々しさを

野菜の抗酸化で若々しさを野菜は抗酸化成分をたっぷりと含んだ食べ物です。

 

この点も、野菜の摂取を推奨する理由です。

 

抗酸化成分はもともと体内にありますが、加齢とともに抗酸化成分は減っていきます

 

すると、体が酸化しやすくなり、いわゆる”錆びつき”が起こります。これが老化を加速させてしまうため、抗酸化成分をしっかり補うことは若々しさの維持やアンチエイジングになります。

 

抗酸化成分はさまざまな野菜に含まれています。たとえば、ビタミンCやビタミンEも抗酸化力を持つ成分のひとつです。

 

ですが中でも、抗酸化成分が摂れる野菜は緑黄色野菜です。その色素成分が抗酸化作用を持っていてます。

 

緑黄色野菜はベータカロテンが多い野菜なのですが、そのベータカロテンに抗酸化作用があります。が、体内でビタミンAに変わると、抗酸化の働きは失われてしまいます。

 

ところが、「トマト」は独自の成分によって抗酸化作用を発揮してくれます。ベータカロテン以外に、「リコピン」を含んでいます。

 

このリコピンは体内でもしっかりとリコピンとして抗酸化作用を発揮します。そのため、トマトはダイエットや美容にも良い食べ物として知られています。

▲TOPへ戻る